Logging in is necessary to post

Drop to add your files
View 0 new item
0
【PFLS】似合いそう【エルダーグラン】 PFLS公式キャラのエリオン様は和装も道着も似合いそうだなって。 空手か柔道か迷ったんですがどちらも似合うだろうし…きっと脱いでもすごいんだ(完全に妄想)人間年齢に換算しても意外と歳行ってるのか、それともただ老け顔なだけなのかどちらでもおいしいんですが、パパみのある武闘派説が期間中すごくときめいたのを記憶しています。 #pixivファンタジアLS #PFLS #ピクファン #精霊王エリオン #亡国の女王イナ #エルダーグラン
4 reactions
#SS_LastSaga #花妖精との出会い #エルダーグラン #アイビスペイント 女の子はビターのもとから離れ、妹の“アンジュ”の墓の周りに咲いているペチュニアの花を見た。 女の子『この人は私のことが、好きだったんですね……』 ビター(私? キミは……いったい……) 女の子『私は、ペチュニアの花妖精です。 生まれたばかりなので名前はありません』 ビター(ペチュニア……か……) ペチュニア『はい。先ほどまで雲の上からあなたのことを観察していました』 ビター(それで空から落ちてきたのか……) ペチュニア『助けてくれて、ありがとうございます! お礼に、あなたの“心からの願い”を叶えさせて下さい!』
22 reactions
#SS_LastSaga #花妖精との出会い #エルダーグラン #アイビスペイント ビターがペチュニアに初めて会ったのは、エルダーグランの山奥の村だった。 ビターの実家の近くに、妹の“アンジュ”の墓があった。 墓の周りには、彼女が好きだったペチュニアの花が植えられている。 彼が妹の“アンジュ”の墓に向かって手を合わせていると、 「きゃあ〜っ!」 空からピンク色の花びらの翼をつけた、ショートヘアの女の子が落ちてきたのだ。 ビターはとっさに女の子を受けとめると、 ビター「大丈夫かい?」 と聞いてみた。 女の子は、あまりのことにビックリしている。 そして、キョロキョロとあたりを見回した。
19 reactions
#塗ってもいいのよ #鈴 #SS_LastSaga #エルダーグラン 力尽きた…φ(・ω・`) 久々にSSキャラ描きたかってん…(m ;_ _)m 夏だし谷間描きたかったんだよ。 色指定ガン無視でよろしおーす( *・ω・)ノ
27 reactions
口ひげイーサン なんかのタイミングでヒゲ伸ばしてみようと思ったんでしょうか。 弟との差別化もできるしね(?) しかしこういう王子様然としていてかつ男臭い雰囲気のある男性キャラはすばらしいですね好き。 イーサンに捧げたPFでした。 #pixivファンタジアLS #PFLS #ピクファン #追放された英雄イーサン #ピクファンアート #島の王ディラン #エルダーグラン
1 reply
8 reactions
背景を合成しようとしてデータ消えて描きなおすはめに・・ でもそのおかげで衣装を変更したんだ。 背景は某ゲームの雪山と草原のどこか R期待してくれた人ごめんなさいね。 #落書き #女の子 #うちの子 #よその子#SS_LastSaga #エルダーグラン #キス
4 comments
67 reactions
#SS_LastSaga #いきつくさきに#リドローOK #エルダーグラン #オリジナル 燦々と輝く太陽…。 先ほどまでの雨が嘘のように上がっている。 先ほどまでの激しい雨で濡れた草木からは、大粒の雨水が滴っている。 その滴る雨粒の雫は、燦々と輝く太陽の光を浴びて、キラキラと輝いている。 誰もいない雨上がりの平原の一角に、二人の男女がいた。 女の子は、横たわっている男の子の頭を自らの膝の上に乗せ、彼女の背中に生えている大きな羽根で、少年を包むかのうように、意識のない少年を見守っていた。 「…。」 眩しい太陽の光で目が覚めた少年の前には、見慣れない少女の顔があった。 いや、正確には意識を失う前に、少年が最後に見た顔だった。 少女は、少年が目を覚ましたことに気づくと、優しげな表情で微笑んだ。 「アーデイン!?」 少年は彼女の膝から飛び起きて、彼女の名を驚いたように叫んだ。 燦々と輝く太陽に照らされながら、彼女は、少年の方を向いて、優しく、しかし力なく微笑んでいる。 彼女は全身ずぶ濡れで、彼女の大きな羽根からは、先ほど激しい雨の雨粒がポタポタと滴り落ちている。 少年は自分の身体が思っていたほど濡れていないことに気がついた。 「アーデイン、きみは…。」 そう言おうとする少年の言葉を遮るように、アーデインと呼ばれた少女は優しく微笑みながら言った。 「よかった、マルクスが濡れなくて…。」 マルクスと呼ばれた少年は、優しく微笑むアーデインの顔を、申し訳なさげに見る。 燦々と輝く太陽が彼女の笑顔を照らす…。 彼女の体を滴る雨粒は、そんな太陽の光を浴びて、キラキラと結晶のように輝いていた。 それは、なんとも美しく、優しげで、そしてどこか儚げな笑顔だった…。 ​ to be continued...
5 comments
104 reactions
#SS_LastSaga #エルダーグラン つけるタグ間違えて再投稿です、ごめんなさい🙇‍♀️
9 reactions