Logging in is necessary to post

Drop to add your files
View 0 new item
0
#おりうみ #おりじなるうみうし #うみうしーず #うみうし #いきもの図鑑 #オリキャラ #うちの子 アメヤマシ 全長…10cm 生息…海の近くの岩場 寿命…2年 アメフラシの反対の存在。 アメヤマシが海から出ると、その次の日は晴れると言われている。 しっぽの炎のような突起は発光する。 これを光らせ獲物を誘き出す。
54 reactions
#碧眼 #pixiv今日のお題 #おりうみ #おりじなるうみうし #うみうしーず #ウミウシ アガパンサスミノウミウシ アガパンサスミノウミウシ科 アガパンサスミノウミウシ 体長…3cm 食性…カイメン 寿命…約3ヶ月 水深…200~400m アガパンサスの様な姿をしたミノウミウシ。 深海にしか生息してなく、発見が遅れた。 瞳が青色をしている為「アオメミノウミウシ」と言う別名もある。 基本的には高密度で群れて生息し、人塊になって海底を移動する。 水流で体の突起がゆらゆらと揺れ、どことなくイソギンチャクに似ている。その様子は「海底の波」とも呼ばれている。
27 reactions
#おりうみ #おりじなるうみうし #うみうしーず #いきもの図鑑 #赤ちゃん ユリカゴウミウシちゃん。 ドーリス目 ユリカゴウミウシ ゆりかごのように左右に揺れながら海底を移動する。 顔の中央にある、おしゃぶりのようなものは、実は獲物を探す時のセンサーである。 このセンサーにより、獲物のホヤやイソギンチャクなどが発する微弱電流を感じ取り、場所を特定する。 ギンサメなどの吻に含まれている、ロレンチーニ瓶と成分が似ているようであるが、まだ解明されていない。
29 reactions