Logging in is necessary to post

Drop to add your files
※リプ先に綴った物語の続きです 「そう、ずいぶん遠いのね。仮に通うとなると出勤にはどれくらいかかるかしら」 そう言ったのは葉月と紹介されたママである。真愛の自宅はここから片道1時間半かかる。電車も二度乗り換えねばならない。 通勤時間に関して、真愛は、一時間半くらい本でも読んでればあっという間だし、居眠りして過ごしても構わないと思っていた。普段はない。けれど、葉月が気にしているのはそこではない。 店は深夜2時まで営業するのに、帰りは一体どうするつもりなのか。まさか、終電までにはあがらせてくれと、シンデレラのような台詞を言うつもりなのだろうかと心配しているのだ。表情には出さないが、〝この子は本当にやる気あるんだろうか?〟そう葉月は思っている。 「無理なく通える範囲にいずれは移るとか、一人暮らしをしようって、そういう風な考えはある?」千代というママだ。まぁ、交通費を全額負担する店側にとっては幾らかかるのか、そちらも当然気になるのだろう。 一人暮らし、真愛の心がときめく。家を出る事へはずっと憧れを抱いていた。由美から聞いていた時給なら、18時〜2時の8時間、毎日勤めればじゅうぶん生活が出来る。危なそうな世界に踏み入る不安、それは真愛にもやはりあった。けれどこの瞬間、彼女の中の怖れは新しい生活の可能性と期待で一気に吹き飛んだ。「それが可能なら是非そうしたいです」目を輝かせて答えた。 #オリジナル #ゴールドラッシュ
1 reply
13 comments
23 reactions
13 comments
Show previous comments
ゆき(多忙中)
純粋( *´艸`) ママはかめの、葉月、千代 ((φ( ̄ー ̄ ) ゴールドチェックノートにメモろう!
1 reaction
ミツカ🌙出勤
真愛を描いてて、先の事を思うとたまに苦労かけるけどごめんよーと罪悪感感じる時があります💦 ゴールドチェックノート!そんなのあるんですかw私が付けてるプロット帳みたいですね😆
1 reaction
ゆき(多忙中)
私の脳内に「ゴールドチェック」ってノートがあって、空白部分と埋まった部分があり。 だんだん埋まってきてるのですよー! ( *´艸`)
1 reaction
ミツカ🌙出勤
ゆきちゃんの頭の中でパズルしてもらえてるんですね💖とても嬉しいです😆まだまだ虫食い状態な筈。新しいピース作りに励みますよ🧩💕
1 reaction
紫陽花(アジサイ)
真愛さんは運命に導かれて、この道に向かっているのかしらと感じました😌 続き楽しみにしております‼️
1 reaction
ミツカ🌙出勤
紫陽花さん、こちらにもありがとうございます😊真愛という蝶が引き寄せられたのは、夜の街の明かりなのか、それとも彼女を待つ運命が引き寄せたのか。素敵な解釈をして頂いて感激してます☺️稚拙な文章で恥ずかしいのですが、こういうのでも続きを楽しみにしてくれる方がいらしてとても嬉しいです😆
たぁ
珠子さん、こちらにコメントさせていただきます😌 珠子さんをピクスケ辞めるって気持ちにさせてしまったの私が原因でないですか😢? あれからずっと珠子さんにひどい事を言ってしまったのではないかと気になってました そうだとしたら本当に申し訳ないですし、辞めてほしくないです😭
1 reaction
Show previous replies
ミツカ🌙出勤
たぁさんとか、お別れするのが辛いユーザーさんがいて、本当はエブリスタとか小説サイトに移ってもピクスケは残したい気持ちなんです。でもリアルが多忙で、何箇所ものサイトは難しいのが現状で。こんな風に仲良くしてくれる友達はきっともう自分には出来ないと思います。だから本当に断腸の思いです(;_;) とは言え、まだ先の話なのです✨完結まで一年くらいかかるかもしれません。その間はこれまでと変わらずに仲良くしてもらえると嬉しいです。だから、心配しないで下さいね(^^)
1 reaction
たぁ
そうなのですね 小説を書けるのは凄いと思います✨ 小説読むのが苦手な私が読み入ってしまいましたから、珠子さんは小説を書く才能もあると思います♪ あれやこれやサイトを掛け持ちするのも大変だというのもその通りですよね でも、やっぱり私は珠子さんとお別れするのは本当に悲しくて嫌です😭 絵を投稿しなくてもたまに見に来てくれるだけでもいいのでアカウント残す方向で考えて欲しいなって思います ここだけの付き合いかもしれませんが、だからと言ってこのまま珠子さんとお話できなくなるのは悲しいです😭 わがまま言ってごめんなさい
1 reaction
ミツカ🌙出勤
こちらへのお返事が遅くなりすみません🙇‍♀️ありがとうございます( ; ; )こんな風に言ってくれる方がいて私は幸せ者です! 昨日今日の付き合いじゃなく、これまでに何百回とお互いの作品を行き来して会話を重ねてきた絆ですもんね(*^ω^*)せっかく仲良くなれた人とこれきりになるのはやっぱり私も寂しい気持ちでいます。 とりあえず、連絡先を残す方向は検討していこうと考えています。完結出来るまでまだ時間ありますし、じっくり考えますね(о´∀`о) まだだ一緒に遊んで下さいね💖
1 reaction
To comment this item, you must log in
1 replyポredraw
View 0 new item
0
【採用と不採用】※リプ先に綴った物語の続きです あの面接から4日が経つ。「3日以内には合否を知らせます」そう言った神崎からの連絡はまだきていない。 やはり自分は不採用だったのか・・・駄目元の軽い気持ちで行ったはずの面接。期待して、本気になってしまっただけに落胆が大きい。 もしかしていま本当に乾いていて、潤いを求めているのはそこじゃないかもしれない。一口二口、自分の気持ちを慰めるようにゆっくりとペットボトルを傾ける。 「ああそうだ真愛ちゃん。来月のシフト希望まだ出してないでしょう?悪いんだけど今回ちょっと早く決めたいんだわ。休み入れたい日があるなら今日決めちゃってくれない?」 決められている期日よりまだずっと早いはずなのだが。女性社員がイライラと責め口調で提出を急かしてきた。 本当はまだ待ってもらいたい。でも面倒だと思った。この社員はいつも余裕がなくて不機嫌だ。弁当を食べている今も、何事かに追われ1人でカリカリしている。職場の雰囲気が悪い時、たいがいこの社員が原因だった。またか、と。真愛は彼女に聞こえないよう、静かに深いため息を一つ吐く。 と、真愛の携帯電話がバイブレーションする。見ると神崎からの着信である。すぐさま携帯を手に取り休憩室を飛び出した。 結果はなんと、採用だった。まずは4日間の体験入店から。その後問題がなければ、本格的にキャストの仲間入りとなる。記念すべき初出勤は3日後だ。今度はちゃんと場に相応しい綺麗な格好で来るようにと念を押された。何か可愛いワンピースでも新調しようか。そうだ、どういう服が良いか由美の意見が聞きたい。経験者の彼女に前もって心構えなども教えてもらいたい。帰宅したら彼女に連絡をしようと思った。 神崎からの連絡を受けた後、休憩室に戻った真愛はすぐにここを辞めたいと告げた。突然の事で迷惑をかけるかと気にしたが、それは要らぬ心配だったようである。何でも、育休明けの社員が1人近日中に戻ってくるのだという。タイミングが良かったと言える。真愛は気に病まずに済んだ事、女性社員を今日これ以上不機嫌にさせなかった事に、ホッとした。 #オリジナル #ゴールドラッシュ
1 reply
38 comments
20 reactions