Logging in is necessary to post

Drop to add your files
senseiのお題・顔の描き方コース第7回『背面のアタリを模写してみよう』です。 今回の背面のアタリですが、まぁ想像してた通り描くのは簡単ですね。 顔正面の簡易版といったところで、注視すべきは首を台形で表現して追加していることと、耳の形が外に出っ張る感じに描くことぐらいでしょうか? とは言え、基本私の様な素人は正面~斜め顔を描くのが関の山で背面なんてのはそんなにめったらやったら描くことは無いため、今回を機会に少しでも慣れておきたいところです。 後はタイトルが『背面のアタリを模写してみよう』ですが、動画にはアオリとフカンのことも流れたので一応描いてみました。 フカンとアオリにはアタリの説明はなかったんで、眉と顎の位置だけを参考に描いてみましたがまぁまぁですね。 さて、今日もオリンピックが面白い。 フィギュアは羽生選手と宇野選手が金、銀の12フィニッシュはスゴイ。 羽生選手がショートを1位通過した時は世界選手権の時を思い出しましたが今回はそんなことは無く、フリーではジャンプに余裕を感じられましたね。 後は...田中、ガンバレ。 カーリングは4連勝ならなかったですね。 中国戦は最初は余裕かな?と思ったんですが後半あれよあれよと逆転されて延長まで食い込みましたが負けちゃいました。 とは言え現在3勝1敗、まだまだ大丈夫でしょう。 今日はこの後ジャンプのラージヒルがありますから楽しみですな。 葛西選手がちょ~っと微妙な感じですが結果を出してくれるのを期待しています。 とまぁ絵とは関係ないことを描いている今日この頃です。以上! #sensei #練習 #背面のアタリを模写してみよう
8 reactions
0 comments
To comment this item, you must log in
View 0 new item
0